スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろんなブログが一度に探せるぶろぐ村ランキングはこちらです♪ 〜Enjoy

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
エピソード9
 お猿がまたフレッドの所に行く今週末の午後は、クリスについて、チャイニーズの双児の姉妹、メイとリンのバーベキューパーティーにお邪魔した。


ブログ, エッセイ, シングルマザー, 海外生活, 人気のブログ, 注目のブログ, 話題のエッセイ, カリフォルニア生活, アメリカ生活, ノンフィクション, 現代画家, 人気, アーティスト, サンフランシスコ, フェースブック話題の人, 話題の人, 海外の日本人アーティスト, プレシディオ, ゴールデンゲートブリッジ


 このキュートな一卵生双生児の彼女たち、本当に全く同じ顔をしながら、二人揃ってクリスと同じ病院でドクターなぞをやっている。

あどけない顔にお揃いの眼鏡をかけていつもニコニコくっついてたりするのだから、そこに双児さんのお約束、『どっちがどっちだか分からない』はえてしてブログ, エッセイ, シングルマザー, 海外生活, 人気のブログ, 注目のブログ, 話題のエッセイ, カリフォルニア生活, アメリカ生活, ノンフィクション, 現代画家, 人気, アーティスト, サンフランシスコ, フェースブック話題の人, 話題の人, 海外の日本人アーティスト, 双子起こる。
そしてまたそんな周りの混乱を、やっぱり二人でくっついてクスクス楽しんでいたりする、なかなか悪戯な『お人形さん』たちなのだ。

まあ、内ではこんなチャイナドールのように可愛い顔を見せてくれる彼女たちも、一旦クリニックで仕事に入れば、きりりと白衣に身を包み、テキパキドクターなんてやってしまう。なかなか奥の深いパーソナリティーを秘めた二人である。

余談になるが、こんな『可愛いドクター』がいれば、『パブロフ犬もどきのドクター』もいる。
クリスというのは、本当にいつも『忙しい』が服を着て歩いているような男である。
病院用とクリニック用、腰からぶら下げた二つのポケベルには、オフでもかまわずひっきりなしに呼び出しのベルが入って来る。そうしてベルが鳴る度に、御飯を食べていようが何をしていようが、『ちょっと待ってね‥』とあたふた携帯電話を取り出して、受話器に向ってテキパキ指示を与えて行く。

言わずもがな、そんな何かに憑かれたような彼の仕事のスケジュールでは、これまで二人で過ごす『甘い週末の昼下がり』なんてものは全くの夢物語だった。
つまり、今日は私達にとって、初めて一緒に過ごす週末になる。
胃の底にかりっとこそばゆい物が走っていく。

 

 さて、今日のパーティーの会場は、双児のお姉さんのメイの家で開かれた。
彼女は一ヶ月前に結婚したばかり。今日はその、新婚ホヤホヤ幸せカップルの新居のお披露目を兼ねた集まりにもなっている。

彼女の新居は、サンフランシスコのプレシディオ地区にあった。

ここは元来、内海の静かなサンフランシスコ湾に臨み軍の施設が設けられていた土地を、後に一部、その建物ごと、民間に住居として解放したという美しい場所だった。
深いブルーの海を遥かに見渡しながら、ミリタリーの面影を残す煉瓦や白い壁のコロニアル風の建物が、芝に覆われた広大な敷地の中に整然と並んでいる。ブログ, エッセイ, シングルマザー, 海外生活, 人気のブログ, 注目のブログ, 話題のエッセイ, カリフォルニア生活, アメリカ生活, ノンフィクション, 現代画家, 人気, アーティスト, サンフランシスコ, フェースブック話題の人, 話題の人, 海外の日本人アーティスト, プレシディオ, ゴールデンゲートブリッジ
そこにはもう、あの『遥かなる旅立ち』のスクリーンがそのまま広がっていた。建物の陰からは、今にも、真っ白な軍服に身を包んだリチャード・ギアが顔を出してきそうだ。

クリーム色の壁に、パッチワークのタペストリーで可愛く飾られたメイの家も、元は、ミリタリーの軍人たちが住んでいた宿舎だった。
海岸線を見下ろす小高い丘の窓からは、遠くにゆったり、雲一つ無く澄み渡った青い空をバックにして鮮やかな朱色に輝くゴールデンゲート・ブリッジが見えている。

 

 今日は、バーベキューと言ってもそれ程本格的な物ではなく、玄関先に置いた小さなコンロで肉や野菜を料理して、そこで焼けたそばから部屋の中に運び込んだものを、後は自由に、皆でお皿を突つき合うといった形式だった。
少しだけ馬鹿騒ぎの苦手なクリスがコンロの番を買って出た。
もちろん私は横のポーチに陣取って、パーティーが始まった後はビールなど片手にのんびり昼下がりの日光浴を楽しんだ。

心地よい空の下、あったかなお日様がぽかぽか顔に当たってくる。
庭から続く細い砂利道の両脇には、幼い頃に遊んだもう名前も忘れた草花たちが、クスクスお喋りをするように優しくゆれながら風に頭をそよがせている。

コロナの瓶に口をつけてそのままグイッと顔を上げる。太陽が眩しく目を射した。
炭の焼ける匂い。青臭く乾いた芝の匂い。柔らかな記憶の扉がぼんやりと開いていく。
そんなのどかさにピリリとスパイスを効かせるように、ドアの中から陽気に騒ぐ声が漏れて来る。

さっきからクリスは、何やら神妙な面もちで、コンロの上の肉の焼け具合の『検査』を始めた。真剣な目で一つ一つの肉を裏返しながら自分の仕事をチェックする。風に吹かれてキラキラ輝くクリスの前髪の先っちょを眺めていると、ふっと笑いがこぼれてきた。
何でもない光の動きがどうしてこんなに優しいのだろう?

坂の下に目をやると、少し遅れてやってきたブラッドの姿が見えた。
彼の『ボーイフレンド』のウイリーがこちらに向かって手をふっている。彼らも揃ってクリスの病院で働くドクターたちだ。

彼らとは以前、クリスと四人で『ダブルデート』なる物をした事がある。
二人とも、すらりと背の高いハンサムな男性で、サンフランシスコでもお洒落なゲイの集まるカストロ・ブログ, エッセイ, シングルマザー, 海外生活, 人気のブログ, 注目のブログ, 話題のエッセイ, カリフォルニア生活, アメリカ生活, ノンフィクション, 現代画家, 人気, アーティスト, サンフランシスコ, フェースブック話題の人, 話題の人, 海外の日本人アーティスト, ゲイ, ゲイのフラッグ, カストロストリート, レインボーフラッグストリートの通りを一緒に歩いていたりなんかすると、かなり『絵』になるカップルだと思う。

しかし、世の中の女性を思うと、この美しい二人が『ゲイ』であってしまう事実なんて‥。何だか、貴重な資源の損失をしているような気にさせられるのは私だけなのかしら?

まあ、何と言っても、ここは色んな『愛の形』溢れるサンフランシスコ。そんなお世話は反って野暮だというものだろう。

クリスも彼等とは馬が合うようで、病院でも何かしら皆でつるんでいる事が多いと話していた。
ちなみにクリスは至ってストレート‥の筈である。がしかし、しつこいようでも、あくまでここは『サンフランシスコ』。目だけはいつも光らせておくようにしておこう。‥なんて。

何よりも、彼らの持って来たサーモンのお醤油漬けは素晴らしかった。
新鮮なサーモンを、お醤油とニンニクとネギでマリネしただけの簡単な物だけど、魚の街、日本は博多から来た私にとって、この魚の匂いは正に『ネコにカツブシ』。クリスがそれを焼きながら、『君はシャパニーズだから、ソイソースでマリネしたフィッシュはとっても好きだろう?』なんて、こっそり横に置いたお皿にレモンをのせて、最初の一切れをキープしてくれた。
香ばしく染みた炭の香り、プラス、そんな優しさのスパイスがふられた熱々のサーモンを頬張ると、口の中にじゅっと懐かしい味が広がった。

 

 「七月四日は何してるの?」

山盛りの肉も殆ど片付き、バーベキューの炭も終わりに近付いた頃、ほろ酔い気分のクリスが独立記念日の予定を聞いて来た。

「独立記念日なんて、日本人の私にとってはあんまりピンと来ない祭日だよね。お猿もフレッドの所に行っちゃうし。」

と、軽く笑って答えると、

「ハニー、アメリカ人にとって、七月四日はとっても大切なホリデイなんだよ。」

と、柔らかなトーンの言葉が返ってきた。

ちなみにこの『ハニー』という言葉、日本人の私にとっては、今だに臍の座りの悪い英語のサウンドの一つである。しかし、それがなぜかクリスの口から飛び出すと、ロマンティックに響いて来たりするのだから私の耳も気紛れなヤツだ。

「毎年独立記念日には、僕のコンドミニアムから湾を挟んでフィッシャーマンズ・ワーフの花火大会が楽しめるんだ。今、家族で、独立記念日には花火を見ながら、デッキでバーベキューでもしようかなんてプランを練ってるんだけど。もしよかったら、今年は君にも来てほしいな。」

『家族のバーベキュー?』
これって、クリスのご両親に『それとなく』会う事になるのかしら?
これはちょっとした一大事。 ‥とまあ、そんな事も、目の前にコロナの空き瓶が三本も並んだ後では全てがOKの気分だったりする。
景色も気持ちよく回っていることだし、『多分ね‥。』なんて、今は笑いながら、明日の事はまた明日考えようと思った。

 

 ふいに目の前が、キラキラ輝くシャボン玉でいっぱいになった。ブログ, エッセイ, シングルマザー, 海外生活, 人気のブログ, 注目のブログ, 話題のエッセイ, カリフォルニア生活, アメリカ生活, ノンフィクション, 現代画家, 人気, アーティスト, サンフランシスコ, フェースブック話題の人, 話題の人, 海外の日本人アーティスト, シャボン玉

「いつまでそんな燻った炭を見つめながら、二人でクスクスやってんの?もうビンゴ始っちゃうよ。」

虹色のベールの向こうから突然割り込んで来た声に目をやると、そこには、太ったウサギのケージの前に、シャボンのボトルを手に持ったリンが大きな笑顔を浮かべて立っていた。

それを合図にすっとクリスが私の手をとった。

人が溢れる部屋の中に、クリスと手をつないで入って行く。
少し照れて俯いた顔に、ニッコリ笑顔がこぼれて来た。

 

スポンサーサイト

いろんなブログが一度に探せるぶろぐ村ランキングはこちらです♪ 〜Enjoy

[2012/03/28 13:42] | エピソード | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<エピソード8 | ホーム | エピソード10>>
コメント:
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://hifromsanfrancisco.blog.fc2.com/tb.php/10-5e79243e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。